BUSINESS

BUSINESS

既存不動産を利活用し、不動産収益用途を最適化させ、不動産価値を高める「不動産再生のプロフェッショナル」集団。
既存不動産の買取再生を軸とした不動産再生事業、 収益物件の再生・保有貸付を行う不動産投資・賃貸事業、 宅地開発・収益不動産開発を手がける不動産開発・分譲事業、 借地・底地の買取・権利調整を行う借地権事業など、 多種多様の不動産ストックを的確な見極めにより最適化させ、 ベストな再生利活用法により出口戦略まで実行、不動産価値を最大化させます。

HOME PLANNER ReDEVELOPMENT
01
既存不動産の買取再生
不動産再生事業
居住用不動産の買取・再生

中古戸建・マンションなどの既存不動産を買取り、地域の特性に合わせた市場ニーズや、物件自体が持つ顔にあった“リフォーム・リノベーション”を施し、より高い付加価値をつけた優良不動産へと再生させます。老朽化した建物でも診断の結果に応じて、住まい手をイメージしたデザイン性・機能性を兼ね備えた快適空間を創造し、現代的な住まいへと蘇らせることで資産価値を最大化させ、市場へと還元いたします。

不動産再生事業
事業用不動産の買取・再生

使われなくなった事務所・店舗、工場・倉庫や社員寮、古ビルなど取り扱いが敬遠されがちな事業用不動産でも積極的に買取り、徹底的な市場調査のもと、顧客ニーズの掘り起こしと潜在的なターゲットを絞った最適用途への変更、デザイン性・機能性は基よりセキュリティ面までも考慮した“リノベーション・コンバージョン”を施します。物件のポテンシャルを高め、時代に求められる最適空間を創造することで不動産価値を最大化させ、市場へと還元いたします。

不動産再生事業
収益用不動産の買取・再生

空室の増加により収益性・競争力が低下した老朽化ビルや、地域ニーズとマッチしていない一棟マンション・アパートなどの既存不動産を買取り、「スクラップ&ビルド」ではなく、当社自ら行う賃貸事業により蓄積されたノウハウを基に、時代や地域の賃貸ニーズに即した最適な“リフォーム・リノベーション“を施します。室内のみならず、外観やエントランス、共用設備・廊下に至るまで、費用対効果を意識した付加価値の高いリプランニング(再生)を行い、最適なリーシングにより満室へと導くことで収益性を最大化させ、市場へと還元いたします。

02
収益物件の再生・保有貸付
不動産投資・賃貸事業
収益物件保有運用・
一棟再生バリューアップ事業

自社所有不動産として、概ね常時150棟超の収益不動産の賃貸事業・投資運用を行っています。貸付不動産は、1棟マンション・アパート、オフィス・飲食ビル、1棟貸し店舗・事務所、戸建賃貸、パチンコ店・分譲マンションの借地、コンビニ・ドラッグストアへの事業用定期借地など、用途・条件を限定することなく多岐に渡ります。弊社の根底にある、臨機応変にその不動産の持つポテンシャルを引き出す最適な手法を見極め、収益を最大化して運用しています。

03
収益不動産開発・宅地造成開発
不動産開発事業
収益不動産開発・宅地造成開発

収益不動産開発事業では、都心の狭小地での店舗・事務所の新築から、賃貸マンション・アパート・ビルの新築まで、用地の特性を見極めた賃貸ニーズに最適な建物の新築事業により不動産価値・収益性を最大化いたします。
宅地造成開発事業では、高低差のある傾斜地や丘陵地、山林や田畑など造成工事により即建築可能な完成宅地へと仕上げたり、一宅地での利用が困難な面積過大な土地に道路を入れ、地域ごとのニーズに最適な区画割りでの宅地分譲を行います。

04
借地底地の買取・権利調整
不動産権利調整事業
底地・借地権・
老朽化賃貸不動産の買取・権利調整

旧法借地権、借家権、底地、共有持ち分、老朽アパートなど流通性の低い物件を買取り、借地人・底地人・借家人との立ち退き交渉など権利関係を調整して所有権化、流通性の高い不動産に蘇らせることで本来の不動産価値を最大化し、市場に還元致します。
ロードサイド用地や広大地などは、事業用定期借地権での大型店舗・事業所などを誘致、事業用定期借地権・借家権での賃貸事業も行っております。

05
企業の合併・買収、賃貸事業の承継
不動産保有法人のM&A
企業の合併・買収、賃貸事業の承継

不動産保有法人の課題として、経営者の高齢化に伴う事業承継問題・不動産老朽化問題が挙げられます。昨今、その有効な解決方法として株式譲渡によるM&Aが注目されています。不動産M&Aにおいて、譲渡先(売り手)は、通常の不動産売却と比べて節税メリットにより、手取り金額が増えます。弊社が、不動産保有法人とその経営者の想いを引継ぎし、事業承継問題を解決するとともに、所有不動産を最適な再生利活用法により、価値を最大化させることで、長期的な運用に結びつけていきます。